トップページ 新着情報・トピックス 観光協会だより 観光協会会員紹介 おすすめリンク お問い合わせ
伊勢崎マップ アクセス 観光ルート 花名所・銘木情報 祭り・イベントカレンダー 文化財歴史資料館 レジャーアウトドア情報 例幣使街道・伊勢崎ミニ歴史
銘菓・名品・特産品 いせさきの味 いせさきの伝説 宿泊ガイド ひまわり いせさき明治館
▼観光ボランティアガイドの会
まちガイドの活動
▼織物ボランテイア
いせさき絣の歴史

伊勢崎市観光ボランティアガイドの会の紹介
(愛称=伊勢崎まちガイド)
伊勢崎まちガイドは、平成14年3月に結成された市の観光をPRするボランティア団体です。現在約40人で活動しています。50代から80代までの幅広い年齢の人が一緒にいせさきの魅力的な場所や文化遺産をガイドすることはもちろん、観光いせさきに関わるイベントへの積極的な参加も、団体の特色です。口べたでガイドは上手に出来ない人でも、まず「自分たちが楽しむこと」をモットーに、市内外に伊勢崎の魅力を発信しています。

 

まちガイドの活動
いせさき明治館 いせさき明治館(市指定重要文化財)では、第一、第三日曜日の午前10時から午後3時まで無料館内ガイドをしています。

  

華蔵寺公園内ツツジ 毎年、ゴールデンウイーク時期には、無料で華蔵寺公園内のツツジなど見どころをご案内していています。
今年は4月29日(水)〜5月6日(水)の9:00〜15:00までガイドしております。華蔵寺公園東口付近に受付テントがあります。どうぞお声掛けください。

 

  国指定重要文化財「女堀」遺跡の中に咲く、花しょうぶの紹介や遺跡の説明をまじえ、 毎年6月にガイドし、たいへん好評を得ています。今年も花しょうぶ園でお会いできるのを楽しみにしています。


●月に一回定例会をいせさき明治館で開催するほかに勉強会を随時開催し、観光いせさきの新しい魅力の発掘に努めています。

このページのトップにもどる





織物ボランティア
     「織りの会(おりのかい)」の紹介
織りの会は、平成21年3月に発足しました。伝統的ないせさき絣を幅広く知っていただくことを目的に活動している会です。
主な活動は、市内の小学校の生徒を対象に郷土の産業としてのいせさき絣を知ってもらうための体験学習の指導をしています。また、伊勢崎絣の伝統を絶やさぬように会では、新しいボランティアの育成など活動範囲を広げています。



 

子ども達ひとりひとりが高機(たかはた)と呼ばれるはた織り機で10cm四方のコースターを、教えられたとおりに手と足と頭を使って織り上げます。織物の仕組みなど実体験できる機会が与えられることによって、かつて市を栄えさせた織物に興味が沸くきっかけになるようです。


このページのトップにもどる

 

いせさき絣の歴史
伊勢崎市は、赤城山の南面に位置していています。火山灰が多く含まれた、水はけがよい土地のため、桑の生育に適していて、古くから養蚕が盛んになり、銘仙の産地として発展してきました。
1200年以上の歴史を持つ伊勢崎の織物は、江戸時代中期に伊勢崎縞・伊勢崎太織で銘仙の基礎が築かれました。明治から大正・昭和の初期にかけて、珍絣や併用絣などの「いせさき銘仙」の産地として、全国に知られるようになりました。
織物産業の全盛期には、いせさき銘仙の持つ質実さを評価され、当時の学習院長でもあった時の大将、乃木希典によって学校着として採用されました。
戦後、生活様式が着物から洋服に切り替わつたため、織物業界は需要が激減し、いせさき銘仙も大打撃を受け衰退を余儀なくされてしまいました。
しかし、一本一本ていねいに織られたいせさき銘仙の良さは根強い人気に支えられ、昭和50年には伝統的工芸品「伊勢崎絣」として国の指定を受け、今に至っています。
 最近では、反物以外でも贈答用や土産用などに最適なネクタイやテーブルクロス、絵かすり、のれんなど小物類も多く作られ、より身近ないせさきの伝統工芸品としても、受け継がれています。


このページのトップにもどる


このページのトップにもどる